お客さんである私たちも鶯谷のデリヘルの細かいルールを知っておくことでトラブルが回避できる!?

風俗営業などを規制して適正な業務が行われることを目的とした風適法の中で、風俗営業や店舗型性風俗特殊営業は原則として午前0時から日の出までは営業してはならないことになっています。午前0時から日の出までを深夜と定義していますが、これに違反すると営業許可の取り消しや営業停止処分などを公安委員会が科せることになっています。

そもそもなぜこのような法律が出来たのかといえば、犯罪や揉め事が多発する時間帯がこれに該当したということがあります。営業する側がこの時間に悪さをするということではなく、利用者側が「普通ではない心理状態になっていることが多い」ということなのです。

深夜ともなれば泥酔している人もたくさん出ますし、「暗い」ということは非ぬ方向で人を大胆にさせます。営業側を経験している人ならば感覚的に納得出来る節もあるでしょうが、深夜になるととたんに客質が低下します。当時はホテトルなども盛んに営業していましたが、ホテルでホテトル嬢が殺されるといった事件も深夜に起きていました。

また不思議なことではありますが、「危ないお客さん」が集まる時間帯と「集まる場所」というのは割と似通っています。例えば「このラブホテルからホテトル嬢やデリヘル嬢を呼ぶお客さんは危ない」など、営業側は感覚的な警戒心を持つようなことがあったということです。

店舗型の性風俗特殊営業は管理下にあるので殺人まではいかずとも、なんらかの揉め事が多発する時間帯でした。通常の風俗店でも同様です。施設の内装やホテル、利用者で振り分けることというのは難しく、「時間帯」で規制するしか方法はありません。

恋愛心理などでもよく言われることですが、「薄暗い」ということは人の行動を大胆にさせます。それが恋愛心理では良い方向に動きますが、犯罪心理の中では「危ない」ということになるのです。普段はその気がない人でも、大胆に揉め事を起こしたり犯罪に至ることもあります。

特に密室でサービスを行うような風俗営業に関しては、大きな犯罪が起こる可能性が大きいと判断されても致し方ないのです。「日が昇って明るくなれば、そういったものは少なくなる傾向」は存在しています。ただし、季節や地域によって朝6時でも明るいところもあれば、日が出ていないところもあります。

「明るさ」ということを重視すれば、日本全国をカバーするために「日の出の時間までは営業を行ってはならない」と規制するのが良策であったと考えられます。

お客さんである私たちも鶯谷のデリヘルの細かいルールを知っておくことでトラブルが回避できる!?

風俗営業などを規制して適正な業務が行われることを目的とした風適法の中で、風俗営業や店舗型性風俗特殊営業は原則として午前0時から日の出までは営業してはならないことになっています。


Copyright© 2016年1月4日 毎回違った経験をさせてくれる鶯谷のデリヘルをお勧めしていくブログ
http://www.vacationsinitaly.net All Rights Reserved.